一般社団法人 農山漁村文化協会Rural Culture Association

社名 一般社団法人 農山漁村文化協会
英名 Rural Culture Association
代表者 専務理事 豊島 至
当会への代表者 浅尾 芳明
代表電話/FAX 03-3585-1141/03-3589-1387
住所 〒107-8668 東京都港区赤坂7-6-1
E-mail rural@mail.ruralnet.or.jp
WEBサイト https://www.ruralnet.or.jp/
創立 1940年(昭和15年)
出版分野 農学、家政学、その他
主な出版物 〔雑誌〕現代農業(月刊)、季刊地域、うかたま(季刊)、vesta(季刊)〔書籍〕日本の食生活全集(全50巻)、世界の食文化(全20巻)、講座「食の文化」(全7巻)、地域食材大百科(全15巻)、日本農書全集(全72巻)、安藤昌益全集(全21巻)、宮本常一と歩いた昭和の日本(全25巻)、宮本常一講演選集(全8巻)、シリーズ地域の再生(全21巻)、シリーズ田園回帰、三澤勝衛著作集(全4巻)、内山節著作集(全15巻)、農業総覧4編、農業技術大系6編、最新農業技術6シリーズ、そだててあそぼうシリーズ(全105巻)、いのちつぐ「みどりびと」(全8巻)、日本の家庭料理(全16巻)、うねゆたかの田んぼの絵本(全5巻) 〔その他〕ルーラル電子図書館(会員制) ほか
プロフィール 1940年(昭和15年)に、戦時下に発足した農文協が敗戦の混乱のなかで事実上崩壊したとき、残された職員が自力をもって再建し、ここから、農文協の自主自立の文化運動がスタートした。1949年(昭和24年)春からは、農家への『農村文化』(現在の『現代農業』)の直販が開始され、農家への直接普及のなかで農家の悩みや欲求をつかみ、雑誌や書籍の編集に反映させていくスタイルが確立していった。この編集-普及-農家・地域の循環的な関係こそ農文協の生命線であり、これを土台に他の雑誌や単行本、全集、絵本、「農業総覧・農業技術大系」、映像作品、電子出版など、「農家に学び、地域とともに」多様な出版活動を進めている。

当サイトで表示できないお名前等の旧字体等については、新字体に置き換えてあります。
悪しからずご了承のほどお願いいたします。